賃貸不動産の知っておきたい基本知識

Knowledge of rental property

Knowledge of rental property

入居までに必要な費用

新たに賃貸住宅を借りて引っ越しするまでには様々な費用がかかってしまうものです。
予め転居完了までに掛かる費用引っ越し後の生活が安定するまでの費用の概算を出しておくと、
どれくらいの余裕が必要になるのか分かってきます。

しっかりとお金の流れを把握しておきましょう。
また、現状負担している光熱費や食費などについても改めて確認することが出来る機会でもあります。
転居後の節約を意識するきっかけに出来れば理想的です。

現在も賃貸の住居に住んでいるという場合は必ず修繕費用について考えておきましょう。
一般的には敷金を充当すれば済むわけですが、もし重大な傷や汚れが残っていると、
充当ではカバーしきれずに改めてお金を払わなければいけません。

また、敷金無料で入居した場合は充当することができないので、この場合も痛い出費になりかねません。

このように、ここでは転居に際して発生する費用を確認していきます。

不動産に対して発生する費用

転居に際して一番基本となる費用について解説してきます。
簡単に言えば入居先の家賃などを指しています。

●敷金
一般的には入居の段階で支払が必要になります。
いくらかかるのかという点については、予め不動産会社や大家さんとの話し合いのなかで決定します。
一般的には家賃2か月分程度が相場ですが、ペット可住宅の場合は少し大目に取られたりします。
これは保証金とも呼ばれていて、退去の際の修繕費などに充てられます。

もし退去時に部屋が現状維持されていた場合は、返金されるのが一般的です。
キャンペーンなどで敷金ゼロなどの物件もあり、そういった場合は初期費用が大幅に抑えられます。

●礼金
これは敷金とは異なり、返却されないお金です。
基本的には大家さんに対して入居を許可して頂いた感謝の気持ちのような意味で払われます。
もちろんどう転んでも返金されるものではなく、初期費用の中でも厄介に感じる人も多いかもしれません。

●仲介手数料
不動産屋さんに対して支払う手数料のようなものです。
ちなみに大家さんも不動産会社に対して支払っています。
相場は家賃一か月分とされていて、殆どの場合で必要になるお金です。

ただし仲介会社と大家を兼ねている場合も稀にあるので、その場合はゼロになることもあります。

●家賃
入居前に支払う義務が生じます。
ただし、月初めなら全額の支払・月途中なら日割りで計算されることが殆どです。

●保証会社
保証人をたてられない時に有効なサービスです。
企業によって審査や保証内容は異なりますが、保証人がいなくても賃貸住宅に入居できます。
基本的には家賃の20パーセント程度を毎月払うようなイメージです。