賃貸不動産の知っておきたい基本知識

Knowledge of rental property

Knowledge of rental property

不動産賃貸をお得にかりるコツ!

インターネットで賃貸の部屋を探していると、様々な理想的なお部屋が出てきます。
ペットが飼えるかどうかという事や築年数は浅い物件、あるいは新築を選びたいだとか、
理想の条件は挙げていけばキリがないかもしれません。

そして、誰もがみな理想の住宅に住みたいと考えています。
しかし現実にはそうできないことの方が多いかもしれません。
なぜなら、条件が多ければ多いほど基本的には家賃が上がっていくからです。

結果的には何かしらの条件を妥協しなければいけないという事になります。
もちろん妥協するポイントは少なければ少ないほどベターです。
そこでネックになっている家賃や初期費用を値下げできないかと考える人もいるでしょう。

実は「家賃の価格設定」はあってないようなものです。
条件や交渉術次第では、いくらでも値引きの余地はあるといって間違いではないでしょう。

ここでは、そんな不動産をお得に借りるコツを紹介しています。

交渉しやすい条件とは?

もちろん交渉しやすい物件・交渉しずらい物件があります。
基本的には交渉術は必要ありませんが、値引きしづらいものについては初心者では難しいかもしれません。
そこで、まずは家賃や初期費用などを値引きしやすい物件の共通項を紹介します。

【築年数が長い】
多くの人は築30年の物件よりも新築や築浅と呼ばれるような住宅に住みたいと考えます。
結果的に、築年数が長いものはあまりがちになってしまうのです。
不動産会社をはじめ、大家さんも入居者がいない状況は歯がゆいものです。
そういった背景から値引きの交渉がしやすいと考えられています。

【閑散期である】
賃貸不動産業界にも繁忙期があれば閑散期があります。
一般的には、春先は新生活をはじめる学生や新社会人が多いということから難しいでしょう。
ましてや、大家さんや管理会社はこの時期を狙って家賃を上げることもあります。
その反面、閑散期ともいえる夏ごろには仲介業者も大家さんも必死です。

何とか入居者が欲しいという時期ですから、多少の交渉には快く応えてくれる可能性は高いです。
引っ越しの時期も考慮しながら部屋探しをすると良いかもしれません。

【アクセスが悪い】
もし仮に電車通勤ではないという人がいればチャンスかもしれません。
駅からのアクセスが悪い場合は既に家賃が割安になっていることも多いですが、
同時に値引き交渉をしやすいということも挙げられます。
また、バス停からも遠かったり墓地が見える部屋だったりした場合も同様です。