賃貸不動産の知っておきたい基本知識

Knowledge of rental property

Knowledge of rental property

ペット可不動産賃貸の見つけ方

賃貸アパートや賃貸マンションを借りるにあたってペットの可否が大きな関門となる人も多いでしょう。
近年ではニーズが増えているという事もあり、ペット可物件も増えてきてはいます。

しかし、どうしても予算をオーバーしてしまったり他の条件がクリアできなかったりと、
選択肢が少なくなるというのが現状です。

しかし大家さんから部屋を借りる立場である以上は、それを無視して動物と一緒に入居する
という事はできませんし、無理に入居してしまっても後になってからトラブルを起こしかねません。
そんなことになってしまっては本末転倒ですし、可愛い動物たちの為にも避けるべきです。

ここでは、そんなペット可住宅の選び方や探し方を中心に解説しています。
また、応相談物件に対するちょっとした工夫も紹介しています。

ペット可物件詳細

そもそもどんな物件がペット可になるのでしょうか?
この答えには大きくわけて二つのパターンがあると考えられます。

ひとつは大家さんのマーケティング的な戦略から【ペット可】になるパターンです。
他の同程度の部屋と比較したときのメリットを一つ増やすような意味合いで応相談などとしたりします。
この場合は、アパートやマンションそのものが動物との共生をテーマにしていたりして、
犬の散歩が終わった後に足が洗えるような水道を用意しておくなど、設備面でも充実している場合があります。

最初から生き物と暮らすことが想定されているので、上記のような配慮があったりと嬉しい一面がありますが、
その反面、家賃が若干高く設定されている場合があります。

しかし、積極的に受け入れてくれるという面では安心できますし、
他の飼い主さんとのコミュニケーションも生まれるかもしれません。

もうひとつは空き部屋などの状況を改善するために【ペット可】の付加価値をつけて、
入居者を獲得するための大家さんの戦略というパターンです。

先述したような設備などがない場合が多く、動物と一緒に住むことの快適性は追及されていません。
しかし、こういった部屋は積極的に入居者を受け入れている場合が多く、
入居に際してちょっとしたワガママも聞いてもらえるかもしれません。
例えば入居費用の割引や家賃交渉が挙げられます。

猫が飼えない部屋が多い

猫を飼っている方で賃貸住宅に悩む人は多いでしょう。
なぜなら犬はOKだけど猫はダメという部屋が意外に多いのです。
それ故に、なかなか引っ越せないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は不動産会社を通して大家さんに相談してみましょう。
大家さんの不安は「爪とぎで部屋が汚れないか」「鳴き声はしないか」「ニオイはしないか」
などの点であることが多いのです。

こういった点を踏まえて、すでに対策をとっていることをアピールしてみましょう。
また、今後こうするという解決策を話すのも有効でしょう。
壁紙などの修復が出来るように敷金を大目に払う等すれば入居を許可されることもあります。