賃貸不動産の知っておきたい基本知識

Knowledge of rental property

Knowledge of rental property

不動産賃貸業者の役割

不動産、特に住居は私たちの生活のうえで必要不可欠な存在です。
衣・食・住という言葉通りに、生きていくうえで絶対に欠かせません。
そして、戸建てやマンション、アパートと今では様々な【住】のパターンがあります。
そのなかでも現代日本において主流であるのが「賃貸」というスタイルでしょう。

賃貸物件には様々なメリット・デメリットがあります。
しかし、入・退去時の手続きや動きが上手に出来れば、そのメリットを最大限享受することが出来るでしょう。

そのためには不動産賃貸業者との連携が必要不可欠です。

いわゆる「不動産屋さん」は優秀であればあるほど頼りになる存在です。
相性のあう業者を見つけて、これからの生活を快適にしましょう。

では、仲介業者の役割とは一体なんなのでしょうか?
ここではその疑問への回答を中心に、賃貸不動産の概要を解説しています。

仲介とは?

賃貸不動産業者の最大の役割の一つに【仲介】があります。
業者にとっては、この仲介が主な業務であると言っても過言ではありません。
その他の業務は、この仲介の営業を効率化するためのプロセスといえるかもしれません。

そもそも不動産屋を利用する私たちにとっても業者にとっても賃貸契約を結ぶことが最終的な目的です。
利用者は新たに住む場所を探しているという状態で、当然のことながら部屋を探しにお店に行きます。
そしてお店は賃貸を契約を結ぶことによって発生する仲介料を売上の大きな柱にしています。

基本的な知識ではありますが、利用者は不動産屋さんと「契約」を結ぶわけではありません。
管理会社や大家さんなどの物件の持ち主と契約を結びます。
この人たちは所謂インカムゲインという収益を期待して不動産に投資しているのです。

つまり、月々発生する家賃は不動産屋さんではなく管理会社や大家さんに支払ます。
家賃を払う事によって仲介業者が利益をあげることはないのです。

ちなみに賃貸においては、仲介業者=不動産屋さん=賃貸不動産業者と考えていいでしょう。
本来なら大家さんや管理会社が「部屋を借りて下さい」と営業しなくてはいけないところを、
賃貸物件を商材にした営業の専門家である「不動産屋さん」に営業を委託するというイメージです。

私たち利用者にしてみても管理会社や大家さんを一軒ずつ回っていって、
「この部屋は空いていますか?家賃はいくらですか?」と大家さん一人一人に聞いていくのは手間ですし、
それで希望通りの部屋が見つけられる可能性は低いでしょう。

その反面、不動屋さんに行けば先述した理由から沢山の部屋情報が蓄積されています。
利用者は仲介手数料を払うだけで、これらの部屋から好きなものを借りられるというメリットがあるわけです。